2009年09月24日

Oracle サイレントインストール

10gからはOracle Universal Installerを対話モードで実行して、レスポンス・ファイルを作成できる。
「レスポンス・ファイルを使用したOracle Databaseのインストールおよび構成」で検索すればマニュアルが出てくる(11gのWindowsはここ)。
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle11g/111/windows/E05878-03/advance.htm

9iのころの情報(OTNの過去ログ)

C:ドライブの空きは、ありますよね。
ADMIN権限を持っていますよね。
インストール時のログが、下記フォルダに出力されます。
C:\Program Files\Oracle\Inventory\logs\installActions.log


私は、下記方法でうまく行ってます。参考にしてください。

1.ORACLE-CDの内容を下記フォルダにコピーします。

C:\ORAWORK\DISK1
C:\ORAWORK\DISK2
C:\ORAWORK\DISK3

2.実行コマンド
C:\ORAWORK\DISK1\SETUP.EXE -RESPONSEFILE C:\Response\clientadmin.rsp

3.clientadmin.rspの内容

[General]
RESPONSEFILE_VERSION=1.7.0
[SESSION]
FROM_LOCATION="..\stage\products.jar"
FROM_LOCATION_CD_LABEL="oracle9i"
NEXT_SESSION_RESPONSE=
ORACLE_HOME="C:\oracle\ora90"
ORACLE_HOME_NAME="OraHome90"
TOPLEVEL_COMPONENT={"oracle.client","9.0.1.1.1"}
SHOW_SPLASH_SCREEN=false
SHOW_WELCOME_PAGE=false
SHOW_COMPONENT_LOCATIONS_PAGE=false
SHOW_CUSTOM_TREE_PAGE=false
SHOW_SUMMARY_PAGE=false
SHOW_INSTALL_PROGRESS_PAGE=true
SHOW_REQUIRED_CONFIG_TOOL_PAGE=true
SHOW_OPTIONAL_CONFIG_TOOL_PAGE=false
SHOW_RELEASE_NOTES=false
SHOW_ROOTSH_CONFIRMATION=true
SHOW_END_SESSION_PAGE=false
SHOW_EXIT_CONFIRMATION=true
NEXT_SESSION=false
NEXT_SESSION_ON_FAIL=false
LOCATION_FOR_DISK2="C:\ORAWORK\DISK2"
LOCATION_FOR_DISK3="C:\ORAWORK\DISK3"
[oracle.client_9.0.1.1.1]
INSTALL_TYPE="Administrator"
[oracle.networking.netca_9.0.1.1.1]
OPTIONAL_CONFIG_TOOLS={"netca"}
#s_responseFileName=
b_launchNETCA=true
posted by でんのー at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32363466
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック